麻痺

感覚麻痺

解離状態になると、全体的な感覚が麻痺してくる感じがします。
五感の中でも特に触覚がおかしくなる感じがします。

肌に触れても鈍い感覚しかしません。違和感しかなくて、肌に触れても変な感じしかしません。触れている感覚はあるので、完全に麻痺をしているわけではなく、擬似的に麻痺しているのかなぁと思っています。

解離状態っていうのは、私の場合、ひどい離人症だという感じなのですが、体と心がずれているので、感覚すらずれているのかな?と予測しています。

痛覚麻痺

痛覚すら麻痺してしまいます。
痛みを感じません。

解離したら、現実に戻るように、と先生に言われています。
現実に戻る手段として、先生から提案されたことがあります。

それは、不安障害の人とかが、不安に飲まれたとき現実に戻る方法で、輪ゴムを腕に巻きつけて、パチンとする方法です。

実際にやってみたんですが、これが驚くほど痛みを感じない。
触れている感じはわかるんですが、どんなに痛そうにパチンとやっても痛くありませんでした。

現実に戻る手段として、使える方がもしかしたらいらっしゃるかもしれないので、記載しておきました。

ぼんやりしてる

解離状態って基本的に私はぼんやりしています。
ぼんやりしているから、体の感覚もぼんやりしてしまって、感覚が麻痺してしまうんだろうなぁと予想しています。

刺激を与える手段で最も有効的だったのは、解離性頭痛のところでも登場した保冷剤でした。
急激な冷たさは感じるようです。なので、完全に麻痺をしたわけではないんです。

解離から現実に戻るために、一時期よくやっていたのは、大きい保冷剤、氷枕にもなるようなものに顔面を押し付けるっていう方法でした。
目が覚めるっていうか(笑)

解離状態から戻ると、感覚麻痺も治るので、本当に解離って不思議な現象だなぁって思います。

スポンサードリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ
にほんブログ村

解離性障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました