【12回目カウセリング終了】EMDR総評

EMDR総評

入院のトラウマが解消された、それだけで、カウンセリング、EMDRには意味がありました。
昨年11月から8ヶ月間で、カウンセリング終了です。

EMDRの前段階として、心の会議室をしましたが、あれも良かったと思っています。
解離性障害の症状が落ち着き、各人格それぞれと協力して生きていこうというスタンスに変わって行ったと思います。

EMDRは60分のカウンセリング時間の間で、記憶の処理が行われ、トラウマが解消されます。カウンセリング後も処理は続き、ときが経つに連れ、更にトラウマが解消していったような気がします。
確かにすごく疲れたり、EMDRの途中で切り上げた後とかは精神的に不安定になることはありましたが、ほぼ苦痛はなく、何も恐れるようなものではありませんでした。

トラウマ治療にEMDRはかなり有効だと実感しています。
保険適用になればいいのにと思います。
そうすれば、トラウマに苦しむ人が、少しでも多く救われると思うので。

本当にトラウマに苦しんでいる人がいて、解消したいのであれば、EMDRは本当におすすめの手段だと思います。
勧めてくれた先生にも感謝です。

トラウマのフラッシュバックで解離を起こしてしまう私みたいな人にとってもいいかなぁと思います。
EMDRは解離性障害の治療というわけではないとは思いますが、症状が軽くなるかもしれません。

EMDRを行ってよかったと思います。

EMDRの記録はこれで終わりになります。

今後このブログは、解離性障害のわたしの状況について、時折更新したい時に更新していこうと思っています。

誰かのトラウマ、解離性障害に苦しむ人の目にとまればいいなぁと思いながら、このブログは続けていく予定です。
これからもよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ
にほんブログ村

解離性障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました