【11回目カウンセリング】前回からの様子

【11回目カウンセリング】前回からの様子

11回目のカウンセリングへ行ってきました。
いつもどおり、前回からどうでしたか?っていう話から。

前回、子供の頃のトラウマ的感情をタッピングで処理をしました。
子供の頃の感情っていうのは「寂しい」っていう感情でした。

今、コロナで夫が寝室をテレワーク環境にしてしまい、そこから出てこなくなったことで、寂しくて仕方ありませんでした。
その寂しいっていう感情が、子供の頃と結びついているかも、とかは言われたけど、さすがにピンとこず。

前回のタッピングで、愛される価値がある、という肯定的な認識に至りました。

その後、日常生活を送っていたのですが、これが不思議と寂しいという感情が出てこなくなりました。
出てこないっていうのは語弊があるかもしれないのですが、あまり寂しいと感じないというか。

今までは、壁一つで区切られた空間にいて、寂しくて寂しくてたまらなかったんですけど、今は、壁の向こうから聞こえてくる些細な音とかで、夫の存在を感じて、ホッとする、みたいな。
そばにいてくれてるって感じられるような。

そんな変化が今回はありました。

カウンセラーさんにも話しました。カウンセラーさんもびっくりしてましたけど、私もびっくりしてます。

全く寂しくないわけではないのだけれど、大丈夫だぞって思えるレベル。

あとは、双極性障害の体調の話とか、娘の話とかをざっくばらんに話しました。

スポンサードリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ
にほんブログ村

解離性障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました