【8回目カウセリング】黒い塊

黒い塊

カウンセラーさんは、「黒い塊」に丸をつけました。
その時点でなんだか嫌な予感。

カウンセラーさんは、黒い塊も解離したパーツだと思いますって言いました。

花ちゃんやヌエさん、鈴さんもパーツと表現しているカウンセラーさん。彼らは私の中では人格だと思っているのですが、黒い塊を人格だとは思いたくない。

黒い塊は、私の負の部分。見たくないもの聞きたくないものの集まりだって黒い塊が言ってた。ずっとお前を見ているって言われて、ちょっと怖い。
死ねとも言われるし、消えろとも言われるし。

黒い塊が言うように、確かに見たくないものである。

それなのに、カウンセラーさんはこういう。

いつもどおり、呼び出して、協力してもらいましょう。

心の会議室

それで、心の会議室をすることになった。
本当はしたくなかった。見たくなかった。聞きたくない。拒否したい。

でも、カウンセリングは来訪者中心主義で、私が主体となって協力的にならなければならない。

しかたなく、心の会議室をした。

いつもどおり、草原に家を立てて、黒い塊を呼び出す。

苦しい。とても苦しい。
苦しくて眉をひそめる。

カウンセラーさんは黒い塊に話しかける。私の辛い部分を引き受けてくれてありがとうって労をねぎらう。

無言。

協力してくださいって言っても、無言。

出てくる言葉は、消えればいい、とか、あいつがいなくなれば私もいなくなる、とか。

しんどいでしょって聞かれても、しんどくないって言う。二回ぐらいしんどくないって言ってた。

無言も多くて、終始非協力的。

最後は、カウンセラーさんが、協力してほしい時にまた呼びますねって言って、私に戻ってくるように言った。

心の会議室後

すごくしんどい。疲れた、苦しい。

カウンセラーさんは、頑なに拒否的な黒い塊のことを、こういう子がいると思ってたって言ってました。
今までの子たちが協力的過ぎたって。

前回のEMDRの影響で、障壁が低くなってきてて、出てきたのかもしれませんねって。

私は、黒い塊は、黒い塊で、先生が言ってたように、人間の本来持ってる負の感情ってだけで、人格だとかパーツだとか思いたくない。
見たくない、聞きたくない。それはこれからも変わらない。

黒い塊の声は、基本的に聞かないようにしてる。
だって聞きたくないんだもん。

スポンサードリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ
にほんブログ村

解離性障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました