【6回目カウセリング】前置き

6回目のカウセリングに行ってきました。
結論から言うと、今日はEMDRを初めてしてきました。

それでは、今回のレポです。

混乱

まずは、前回から今までどうでしたか?という話をしました。

先週の金曜日に訪看さんを初めて入れたのですが、その2日前ぐらいから混乱していました。
過去と現在がごちゃごちゃになっていて、看護師さんは監視してくる存在だと思っていました。
監視されるのに、なんで、訪看さんなんて入れたんだろうとか、憂鬱になったりしてました。

金曜日の夕方にお薬を飲んだんですが、それで混乱が解消。
今は入院してないんだって分かりました。

入院中は看護師さん監視してきたからね。それとごっちゃになってたみたい。
その話をしたら、今までにそんなことありましたか?って聞かれて、あったけどここまで酷いのはなかったって言いました。

それから、先週火曜の診察で先生に言われた例えが印象に残っていたので、その話もしました。

体で例えるとこんな感じ。例えば5秒で移動したいところを本当は10秒でしか移動できない。でも、私は5秒で移動出来ちゃう。その代わりに関節が痛くなっちゃう。そこでどうするかっていうと、私は痛み止めを飲む。それで、痛みを誤魔化してしまう。それで放置して今度は関節が腫れ上がる。そして、どうして腫れてるんだろう?って不思議に思う。どうして先生晴れてるんですかって聞いてくる。そんなことをしている。

感情を無視して、見なかったことにして、生きてるって言われたんでした。

カウンセラーさんは、感情は花ちゃん担当なのでは?って言うので、私も感情を全く感じない訳では無いのですが、すごく鈍いんですって言いました。

心の会議室

では、心の会議室の始まりです。

花ちゃんのOKが出ればEMDRをすることが出来ます。
いつも通り、草原に家を建てて、そこに花ちゃんを呼ぶ。
それで、私は目をつぶったまま、花ちゃんが乗り移った感じ。

花ちゃんは、しきりに怖いって言ってた。カウンセラーさんにEMDRは怖くないんだよって諭されても本当に?って言う。

花ちゃんはどういう役割を持ってますか?って聞かれて、嫌な事を引き受けるっていう感じで言ってたかな。

花ちゃんの望みは何?って聞かれて、みんなと仲良くしたいって言う。
みんなって誰ですかって聞かれると私だそう。

でEMDRは怖くないよっていわれて、楽になるんだよっていわれて、花ちゃん、わかったって言ってた。

よしよし

花ちゃんは私と仲良くしたいらしくて、それなのに私は花ちゃんの事をめんどくさいやつだって思ってる。

カウンセラーさんは、花ちゃんは私によしよしして欲しいんですよって言いました。
辛いことを引き受けてくれてる役割を持ってて、私のことを助けてくれてるんですよって。

うん。それは薄々感じてたから、花ちゃんがよしよしして欲しいのも何となくわかる。
でも、できたら苦労しないよ!

スポンサードリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ
にほんブログ村

解離性障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました